ホワイトニングの効果・値段のおすすめ比較ランキング

全国のホワイトニングサロン・歯科を探す
都道府県
予算
決済方法
最低通院回数
ホワイトニングの種類
その他のこだわり
フリーワード検索

ホワイトニングの方法総まとめ!料金や種類別効果

歯が茶色かったり黄色かったりすると、清潔感がありませんし、人に与える印象も変わってきますよね?
そこで今回は自宅で出来るケアからおすすめの歯科まで、ホワイトニングについて徹底的に紹介していきます!
費用や効果、実際に試してみた方の口コミも併せて紹介するので、自分に合ったホワイトニングを必ず見つける事が出来るようになりますよ☆

歯が汚くなる原因と痛みについて

白い歯の女性

歯が汚れる原因

歯は生えた時は白く健康な状態の為、汚れている場合は必ずなにかしらの原因があります。
以下に歯が汚れる原因をまとめてみたので、まずは見てみましょう。

  • 紅茶やコーヒーなどのステインが付いている
  • 歯石が付いている
  • タバコのヤニで黄ばんでいる
  • 虫歯
  • 食事後に歯磨きをする習慣がない
  • 歯磨きがきちんとできていない、もしくはしていない

このようになります!

ステインとは食品や飲み物、タバコのヤニなどに含まれている色素成分の事で、一般的に歯が黄色かったり茶色がかっている方は、ほとんどがこのステインが原因となります。
その為、食事後の歯磨きはホワイトニングの基本とも言えますが、特に昼食は脂っこいものやコーヒーなどを摂取する割合が高いのにも関わらず、多くの方が歯磨きをする習慣が無い為注意が必要です。

また家で朝と夜に行う歯磨きも、意外としっかりとした方法で磨けているという方は少なく、汚れをしっかり取れていない事もあるので、毎日の歯磨きの時は磨き残しなどに注意しつつ磨くように心がけてみて下さいね☆

歯が痛む原因

歯が痛むと「虫歯かな?」とついつい思ってしまいがちですが、虫歯以外にも痛みの原因としては「知覚過敏」が考えられます。

虫歯と知覚過敏は症状が非常に似ており、大きな違いとしては虫歯が「慢性的に痛む」のに対して、知覚過敏は「一時的に痛む」ということです。
甘いものや冷たかったり暖かいものを口にしたときに、虫歯だとズキズキとした痛みがそのまま続きますが、知覚過敏の場合は個人差はあるものの10秒以内に収まります。

また歯が痛むということは何らかの原因で、神経に何かが触れているということなので、歯にヒビが入っていたりすることも考えられます。
軽いヒビはレントゲンにも映らず、ましてや個人では絶対にわからないので、歯が痛む場合はまず歯医者に行って原因の特定をしてもらうのがおすすめです!

歯を白くする色々な方法について

歯を白くするにも色々な方法があります。ここから見ていきましょう

ケアを選ぶ前に決めたいこと

ケアを始める前に決めたいことは、まずどのようにケアをしていくかという事です。
選択肢としては以下の4つが考えられます。

歯磨き
  • 自宅で市販のケア用品を購入してホームケアをする
  • 自宅で通販のケア用品を購入してホームケアをする
  • 専門の機関で施術を受ける
  • 専門の機関に通ってケアを受ける

セルフで行うホームケアについてはやはり気軽にホワイトニングを行えるという利点がある反面、効果がなかったりやり方によっては悪化してしまうというリスクも含んでいます。

専門の機関とは歯医者を初めとした、ホワイトニングを行ってくれる場所の事で、歯科以外にも「ホワイトニングバー」という所も近年出来ています。
専門の方に行ってもらえるので確実に効果と即効性があり、自分でケアをしなくてもいいという利点はありますが、施術によっては上下20本の歯で40000〜60000円程かかってしまう為、コストの面ではホームケアの方がいいでしょう。

ちなみに差し歯の方もホワイトニングは行えるので、ホームケアやクリニックなどどちらでも安心して白い歯を目指しましょう!

歯医者での施術方法と費用の相場

歯科での治療

歯科医で受けれるホワイトニングの種類

歯科医で受けることが出来るホワイトニングは主に海外技術をメインにしており、特殊な薬剤とレーザーを組み合わせて歯を白くする方法が主流となっています。
以下に主なオフィスホワイトニングをまとめてみたので見てみましょう!

  • ハイライト
  • レーザーホワイトニング
  • スピードホワイトニング
  • ブライトスマイル
  • ジェルホワイトニング

これ以外にも以下の様な施術があります。

  • FAPホワイトニング
  • マルチアーチホワイトニング
  • ズームアドバンス
  • ビヨンド
  • ルマクール
  • Tion
  • ピレーネ
  • LEDホワイトニング
  • ピュールホワイト
  • ポリリン酸ホワイトニング
  • ウォ−キングブリーチ
  • OTCホワイトニング
  • インターナルブリーチ

などなど主なものだけでも5種類、全て合わせるとなんと20種類ほどの種類の治療が歯科医では受けることが出来ます。

オフィスホワイトニングのメリット・デメリット

オフィスホワイトニングのメリットとして、「即効性がある」「日々のケアの手間が省ける」「確実性がある」という事があげられます。
逆にデメリットとしては、「数回以上通わないといけない」「施術によっては費用がかかる」「持続性がない」ということがあげられます。
綺麗な歯を長期間維持する為には、オフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングを同時に行う事で可能となります。

ホワイトニングとクリーニングの違いとは?

一般歯科や審美歯科で行われる通常のクリーニングとは、歯の歯石や、表面についている歯垢(プラーク)を取り除き、清潔を保つことによって歯周病や虫歯を防止するために行うものです。

表面の汚れを取り除きますので、本来の歯の白さを取り戻せますが、元々の歯の色よりも、白くすることはできません。

ホワイトニングは、表面の汚れを落とすだけではなく、表面のエナメル質に磨きをかけて光沢を出し、本来の歯の色よりも白く見せることができるのが特徴です。

また、一般歯科と審美歯科に明確な違いはありませんが、ホワイトニングやクリーニングなどの歯の見た目を綺麗にする事を得意とする歯医者が審美歯科として看板を揚げているケースが多いようです。

オフィスホワイトニングは保険適用外?

オフィスホワイトニングは健康保険の適用が今まではされていませんでした。
保険は心身に異常をきたすものでないと、適用がされないという仕組みが理由ですが、その為美容関係やホワイトニングは全額の支払いをしないといけず、長年「高い料金を払わないといけない」というイメージが強くなっていました。

通常の相場としては20本で「約8万円」となっており、やはり少し割高な印象を受けてしまいます。

ですが近年、美容関係でも相談次第で保険を適用するところが増えてきており、今までに比べて3割で済むようになったので気軽にホワイトニングを行えるようになりつつあり、今ホワイトニングをしようとしているあなたはラッキーだといえるでしょう☆

おすすめのホワイトニング比較まとめ

今回はホワイトニングの種類や費用や効果について紹介してきましたが、まとめると以下の様になります。

オフィスホワイトニング ⇒ 歯科など専門の機関で行ってもらうホワイトニング

おすすめのホワイトニングを行ってもらえる機関

  • ミュゼホワイトニング
  • 湘南美容歯科 新宿店

このようになります!

長期的に白い歯を継続させる為には、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを同時に並行して行うのが最もよく、どちらも一度ケアしただけで綺麗な歯を一生持続させることは出来ません。

是非今回紹介したホワイトニングの情報から、あなたの理想のホワイトニングを決めて、美しい白い歯は長期間といわず一生維持できるよう頑張ってみて下さいね♪