全国のおすすめの歯医者・ホワイトニングサロンガイド

                   

ホワイトニングの種類とその方法について!実体験を含めわかりやすく解説します!

ホワイトニングで歯を白くしたいが、どうしていいか分からない。

また、オフィスホワイトニングや、ホームホワイトニング、デュアルアルホワイトニングなど、いまいちその方法や違いが分からない方は多いと思います。

そんな方のために、それぞれのホワイトニング方法のメリットやデメリットから、その方法、相場観までわかりやすく説明させていただきます。

ホワイトニングの種類と方法について

歯を白くするにも色々な方法があります。ここから見ていきましょう

ホワイトニング方法は、主に三種類の方法があります。

ケアを選ぶ前に決めたいこと

ケアを始める前に決めたいことは、まずどのようにケアをしていくかという事です。
選択肢としては以下の3つが考えられます。
ホワイトニング種類

デュアルホワイトニング オフィスホワイトニング ホームホワイトニング
方法 オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを並行して行う方法 ジェル状のホワイトニング剤を付けて、光線をあてて漂白する方法 マウスピースを作り、自宅でジェル状のホワイトニング剤を入れて行う方法
メリットと特徴 すばやく確実に結果にコミットできる
外側と内側から漂白するので長持ちが期待できる
即効性は期待できるが、戻りがやすい 時間がかかるが、長持ちする
金額相場 コース48000円~(ホワイトエッセンス参考) 4980円(一回)~(ホワイトニングバー参考) 15,000円~30000円(マウスピース制作代込み)
店舗の種類 歯医者・ホワイトニングサロン 歯医者・ホワイトニングサロン・ホワイトニングバー・セルフホワイトニングサロン 歯医者・ホワイトニングサロン
ジムで例えると パーソナルトレーニング ビジター式のジム ダンベル
デュアルホワイトニング
歯医者
オフィスホワイトニング ホームホワイトニング
デュアルホワイトニング オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを並行して行う方法 すばやく確実に結果にコミットできる
外側と内側から漂白するので長持ちが期待できる
コース48000円~(ホワイトエッセンス参考) 歯医者・ホワイトニングサロン パーソナルトレーニング
オフィスホワイトニング ジェル状のホワイトニング剤を付けて、光線をあてて漂白する方法 時間がかかるが、長持ちする 4980円(一回)~(ホワイトニングバー参考) 歯医者・ホワイトニングサロン・ホワイトニングバー・セルフホワイトニングサロン ビジター式のジム
マウスピースを作り、自宅でジェル状のホワイトニング剤を入れて行う方法 ホームホワイトニング”>安いが時間がかかる
汚れの程度が低い人にはお勧めにおすすめ
ホームホワイトニング”>15,000円~30000円(マウスピース制作代込み) 歯医者・ホワイトニングサロン ダンベル

セルフで行うホームケアについてはやはり自宅で気軽にホワイトニングを行えるという利点がある反面、効果がなかったりやり方によっては悪化してしまうというリスクも含んでいます。

初めの一定期間は、ルーティーンとしてホワイトニングを行う必要があります。

ちなみに差し歯の方もホワイトニングは行えるので、ホームケアやクリニックなどどちらでも安心して白い歯を目指しましょう!

それぞれのホワイトニングのメリット・デメリット

・オフィスホワイトニング=とりあいず、すぐに歯を白くしたい方におすすめ

メリットとして、「即効性がある」、「日々のケアの手間が省ける」、「確実性がある」という事があげられます。

デメリットとしては、「数回以上通わないといけない」「施術によっては費用がかかる」「持続性がない」ということがあげられます。

短時間で外側から、歯を漂泊していくイメージ

・ホームホワイトニング=時間をかけて長期的に歯を白くしたい方におすすめ
メリットとして、「持続性が高い」、「費用が安い」、「自宅でできる」

デメリットとしましては、「時間がかかる」、「手間がかかる」ことがあげられます。

時間をかけて内側から、歯を漂泊していくイメージ

・デュアルホワイトニング=素早く、そして長期的に白い歯を持続したい方向け
メリットとして、「即効性」、「持続性を期待できる」、「確実性がある」ことがあげられます。

デメリットとしましては、「料金が高い」、「手間と時間がとられる」ことがあげられます。

外側と内側から漂白するので、持続力があり結果的には安いともいえるでしょう。

デュアルホワイトニングに関しましてはこちらでもまとめてますので、気になる方は是非読んでみて下さい。

デュアルホワイトニングとは?その内容と料金相場が高い理由

ホワイトニングの前には、まずクリーニングを行いましょう

歯のクリーニング

ホワイトニングサロンや、一般歯科や審美歯科で行われる通常のクリーニングとは、歯の歯石や、表面についている歯垢(プラーク)を取り除き、清潔を保つことによって歯周病や虫歯を防止するために行うものです。

表面の汚れを取り除きますので、本来の歯の白さを取り戻せますが、元々の歯の色よりも、白くすることはできません。

しかし、表面の汚れが残ったままですとホワイトニングの効果も半減してしまいます。

日頃のケアを怠ってしまってる人は、是非クリーニングを行ってからホワイトニングすることをおすすめします。

ホワイトニングサロンや、歯医者での施術方法

ホワイトニング種類

歯科医で受けることが出来るホワイトニングは主に海外技術をメインにしており、特殊な薬剤とレーザーを組み合わせて歯を白くする方法が主流となっています。

以下に主なオフィスホワイトニングをまとめてみたので見てみましょう!

歯科医で受けれるホワイトニングの種類

  • ハイライト
  • レーザーホワイトニング
  • スピードホワイトニング
  • ブライトスマイル
  • ジェルホワイトニング

これ以外にも以下の様な施術があります。

  • FAPホワイトニング
  • マルチアーチホワイトニング
  • ズームアドバンス
  • ビヨンド
  • ルマクール
  • Tion
  • ピレーネ
  • LEDホワイトニング
  • ピュールホワイト
  • ポリリン酸ホワイトニング
  • ウォ−キングブリーチ
  • OTCホワイトニング
  • インターナルブリーチ

などなど主なものだけでも5種類、全て合わせるとなんと20種類ほどの種類の治療が歯科医では受けることが出来ます。

そもそも歯が汚くなる原因とは

汚れの原因

歯が汚れる原因

歯は生えた時は白く健康な状態の為、汚れている場合は必ずなにかしらの原因があります。
以下に歯が汚れる原因をまとめてみたので、まずは見てみましょう。

  • 紅茶やコーヒーなどのステインが付いている
  • 歯石が付いている
  • タバコのヤニで黄ばんでいる
  • 虫歯
  • 食事後に歯磨きをする習慣がない
  • 歯磨きがきちんとできていない、もしくはしていない

このようになります!

ステインとは食品や飲み物、タバコのヤニなどに含まれている色素成分の事で、一般的に歯が黄色かったり茶色がかっている方は、ほとんどがこのステインが原因となります。
その為、食事後の歯磨きはホワイトニングの基本とも言えますが、特に昼食は脂っこいものやコーヒーなどを摂取する割合が高いのにも関わらず、多くの方が歯磨きをする習慣が無い為注意が必要です。

また家で朝と夜に行う歯磨きも、意外としっかりとした方法で磨けているという方は少なく、汚れをしっかり取れていない事もあるので、毎日の歯磨きの時は磨き残しなどに注意しつつ磨くように心がけてみて下さいね☆

おすすめのホワイトニング比較まとめ

長期的に白い歯を継続させる為には、オフィスホワイトニングホームホワイトニングを同時に並行して行う デュアルホワイトニングが最もおすすめです。

是非今回紹介したホワイトニングの情報から、あなたの理想のホワイトニングを決めて、美しい白い歯は長期間といわず一生維持できるよう頑張ってみて下さいね♪